毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  秋の森を歩くVol.1

秋の森を歩くVol.1

◆◇◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◇◆
 .:*・毎日が楽しくなるフォトライフのススメ・*:.
   vol.42                 
◆◇◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◇◆

●森を歩く

紅葉が北から南下していってます。
私の暮す町にも秋の気配は漂ってきました。

さっそくカメラをぶら下げ、裏磐梯にある【五色沼】を巡ってきました。

黄緑色〜黄色〜オレンジ色〜赤色とキレイな山の木々。

この季節になると日本人でよかったな〜とつくづく思います。

遊歩道はコンクリートやアスファルトで整地されていません。

原生林の森を歩く、そういった雰囲気でいつまで歩いても
飽きることがありませんでした。

ふと足をとめ、歩いてきた道を振り返ります。

画像を見る


A 逆光のシチュエーション。
  逆光ではあるんだけど、森が暗いのでそのままで撮っても
  真っ暗には写りませんでした。
  
B 同じ場所ですが、露出補正をプラスにして撮りました。
  1と2/3程のかなりオーバーなプラス補正です。
  ちょっと幻想的な写真になりました。

どっちがいい、という問題ではないのですが露出を変えるだけで
雰囲気がガラリと変わってきます。

個人的には明るいのが好きです♪


脇の景色をみていると、ふと目に留まった樹。
幹についてる苔がとてもキレイです。
明け方まで降っていたと思われる雨でみずみずしいです。

画像を見る

A 幹の苔を撮ってみましたが、ちょっと明るいようです。
  
B 露出をマイナスに補正しました。
  1と2/3程のマイナス補正です。
  苔の部分に光が当たってるので、やや多めのマイナス補正でも
  苔の質感がよく活かされて写っていると思いませんか?
  

黒っぽいものは明るめに写るので、マイナス補正しましょう。
樹の幹の質感とか、苔の質感などはプラスしちゃうと半減します。


気持ちを楽にして、その瞬間を楽しむ。
ピンボケ、手ブレ、怖がらずに☆
ぜひ今日、一枚、「心」を動かす写真を撮ってみてください。
そして明日も。

★ふうちゃんPhoto★
          
 見上げると


編集後記をみる

関連エントリー

毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  秋の森を歩くVol.1