毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  ビーズ細工を撮るVol.1

ビーズ細工を撮るVol.1

──・─────────・──────・────────・─☆─・
【毎日が楽しくなるフォトライフのススメ】28号
・─☆─・──・───────・────────────・───・

●キラキラ星空の日にオープン●

【ピアスやさん】

七色に輝く虹のように、キラキラ輝く星空のように
美しいビーズ細工の数々。
ショップオーナー、小田井さんとお友達です♪
オープン記念、普通はお祝いをあげなきゃなんないのに・・・・
ピアス頂いちゃいました♪

って、ことで今回、ビーズ細工を撮る!

■小さなモノを撮る実験■

よく、オークション用の写真の撮りかたについて聞かれます。
みんなやってるんですよね、オークション。
あたしはしたことないんですがね(笑)
今回は、冒頭部分に書いたように、友人から頂いたビーズのピアスを
頂いちゃいました。

ついでに家にあるビーズ細工をいろいろひっぱりだして撮影してみました。
タダ撮るんではつまらない。
そこでいろいろ比較検討しながら撮ってみました。

実験です。

■ビーズ細工を撮る 其の一■

まずはコチラを↓ ↓ ↓ ↓
画像を見る

これはデジタル一眼で撮りました。
上の写真はやや俯瞰ぎみに撮りました。

俯瞰とは上から見下ろすようにすること。
真俯瞰(まふかん)ってよく撮影用語でいいますが、
これは真上から撮るって事。
ちなみに、これは真俯瞰ではありません。

下の写真は上の写真より下のほうから撮ってます。
つまり、横から撮ってるって事です。

真横では何が何やら分かんなくなるで、ビーズ細工の撮影には不向きでしょう。

写真には「被写界深度」というコトバがあります。
ピントの合う範囲の事をいいます。
ピントは「線」で合います。
被写界深度が深い写真はそのピントのあう「線」の幅が広いことを言います。

横から撮ると、モノに奥行き感がでます。
そうすると、ピントの合ってる部分と、合ってない部分、つまりは
ボケの部分との差ができてしまいます。
このボケた部分と、ピントの合ってる部分があるからこそ、モノが引き立つ
写真になるのです。

以上をまとめると・・・・

上の写真==俯瞰気味に撮影。ボケ味はないものの、
      ピアスの全貌がよくわかる。
      記録用としては最適。

下の写真==やや横から撮影。ボケ味はしっかり効いてるが、
      ピアスの全貌や詳細がよく解らない。
      記録用にやや不向き。

どちらの写真もそれなりにイイとは思いますが、オークションなどを意識
するならば、上の写真をオススメします。

その物がどういった状態のものかを判断するのは、ピントが一点だけあってる、
って写真よりか、全体が分かりやすく、写しこまれた写真の方が良いでしょう。

その物を買う人の立場になると、詳細を見たい!ってことになるでしょうから。

それと・・・・・

ビーズ細工のような小物を撮る場合は、必ずマクロをつかいましょう。
コンパクトデジカメで、チューリップのアイコンで表示されています。


気持ちを楽にして、その瞬間を楽しむ。
ピンボケ、手ブレ、怖がらずに☆
ぜひ今日、一枚、「心」を動かす写真を撮ってみてください。
そして明日も。

☆ふうちゃん写真☆
  七夕の夜に


   お友達、小田井さん、ピアス♪ありがとう!!

28号 編集後記をみる

関連エントリー

毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  ビーズ細工を撮るVol.1