毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  花を撮るVol.1

花を撮るVol.1

・─☆─・─────────・─☆─・─────────・─☆─・
【毎日が楽しくなるフォトライフのススメ】11号
・─☆─・─────────・─☆─・─────────・─☆─・

 ◆春を先撮り!◆

花を撮影するというテーマは、非常に大きなテーマです。
山あいの花木を撮る、公園で色とりどりの花壇を撮る、
家の庭の花を撮る、花瓶に活けた花を撮る、ほか様々な
シチュエーションがあります。

梅を撮る、サクラを撮る、菜の花を撮る、チューリップを撮る、
ひまわりを撮る、バラを撮る、などメインの被写体である花の
種類も様々です。

多種多様な撮りかたがあり、撮ってて楽しいテーマでもあります。
そして花撮影の魅力の一つ、色とりどり!っていう事。
花を撮る場合、色も大切な要素です。

だけど、花の撮影って難しいんじゃない??
なぁんて尻込みしないで!

すこしずつ楽しみながら花を撮っていけば良いのです。

まずは、身近な花から。

今回は、春を先撮り!ということで植物園の温室の中や、春のやわらかな
日差しが差し込む家の窓辺などで身近な花を撮ってみましょう。

 ●花を明るく写す●

ふうちゃん的には、クローズアップして撮る花は、基本、オーバー目で撮ります。
オーバーとは露出をプラス側に補正して撮ることを指します。

↓ ↓ ↓ ↓
画像を見る

■ノーマル


■プラス


これはノーマルで撮影したものと、プラス補正したものとを比較しています。
どうでしょう?

個人の好みにもよりますが、プラス補正した方がより春っぽさを感じませんか?

 ●花にもレフ板を●

レフ板のこと、覚えていますか?

↓ ↓ ↓ ↓
レフ板について


そしてレフ板の作りかたもやりましたね。

↓ ↓ ↓ ↓
レフ板の作りかた

花にもこのレフ板を使うってコト、してみてください。

この花、下向きに咲いているんです。
だから、どうしても暗くなりがちです。
そこでレフ板の登場!

↓ ↓ ↓ ↓
画像を見る

■レフ板無し


■レフ板あり


花に光を反射させるようにレフ板を近づけます。
できれば家族の方、友人に手伝ってもらいましょう。
独りなら、三脚を使用する事をおすすめします。

三脚が無いときは、バッグやら、足やらを駆使してレフ板を
立て掛けて固定しましょう。
まんべんなく光がまわるように。

気持ちを楽にして、その瞬間を楽しむ。
ピンボケ、手ブレ、怖がらずに☆
ぜひ今日、一枚、「心」を動かす写真を撮ってみてください。
そして明日も。

☆ふうちゃん写真☆
 温室のへそ曲がり

11号 編集後記をみる

関連エントリー

毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  花を撮るVol.1