毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  旅写真〜風景を撮る

旅写真〜風景を撮る

◆◇◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◇◆
 .:*・毎日が楽しくなるフォトライフのススメ・*:.vol.35                   
◆◇◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◇◆

●旅写真☆風景を撮る

東北、行ってきました。
有名な裏磐梯は五色沼。
五色沼は、水の色がブルーのグラデーションで、とてもキレイ。
ってことで、沼、池、湖などで試してみてね!

   ↓ ↓ ↓ ↓
  画像を見る


カメラ任せでとると、木々の色が白くなってしまいました。
向こうの木々で露出を計ってしまいましたので、白っぽくなりました。

木々の陰など、案外暗いのです。

暗いとカメラは、明るくしなくちゃ!って判断。
よって、明るめに撮れてしまうんですね。


ですので、少々マイナスに補正してあげましょう。
そうするとBのように、木々の色も水面の色も、程よく表現できます。


ただ、晴れの日は、露出がとても難しくなります。
日なたの部分と、日陰の部分、どうしてもコントラストが強くなります。

アッチをたてればコッチがたたず!

全てがまんべんなく写って欲しいときは、曇とかがいいのです。
意外でしょ?

かといって、曇や雨では楽しい旅気分も少々げんなりしますよね。
もしそんな、グズついた天候のときは、同行人と写真を撮り合ってみて下さいね♪

旅気分が、さらに盛り上がることでしょう!

気持ちを楽にして、その瞬間を楽しむ。
ピンボケ、手ブレ、怖がらずに☆
ぜひ今日、一枚、「心」を動かす写真を撮ってみてください。
そして明日も。

★ふうちゃんPhoto★
 るり沼

35号 編集後記をみる

関連エントリー

毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  被写体 >  旅写真〜風景を撮る