毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >   >  キャンドルを撮る

キャンドルを撮る

◆◇◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◇◆
 .:*・毎日が楽しくなるフォトライフのススメ・*:.vol.32                   
◆◇◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−◆◇◆

●キャンドルを撮る

秋の夜長にアロマキャンドル。
イイ匂いに包まれながら、読書を楽しむってのもいいですよね。
本日、キャンドルに灯をともして撮影。

部屋はやや暗くして撮影。全暗にしません。暗過ぎてしまいます。
手持ちでは厳しくなるからです。
三脚を持ってても、全暗まで暗くする必要はありません。

夜に部屋の明かりをちょっと落とす、もしくは、部屋の中でも
廊下など薄らぐらいところで撮ってみましょう。

もちろん、オートで撮らないように。
ストロボを発光されてしまいます(笑)
マニュアルでストロボ発光禁止にしておいて下さい。

炎の近くにピントを合わせると、露出も炎の近くに合います。
そうなると全体の雰囲気が活かせる写真になります。
   ↓ ↓ ↓ ↓
  画像を見る


暗くなりがちなので、露出をプラスに補正しましょう。

上が+1 1/3、下が+2。
しかし、下は明るくなり過ぎです。補正はほどほどに。


マクロで近づきました。
熱いので、マクロで撮るときは、気を付けましょうね。

マクロを使わないと上のように、ピンボケです(笑)
微妙に下に敷いている和紙の奥のほうにピントが・・・

マクロモードをONするのを忘れないようにしましょうね。
   ↓ ↓ ↓ ↓
  画像を見る


それにしても、キャンドルをマクロで撮るのは・・・・熱い!(汗)

おすすめしません。

火傷&火事の恐れがあるので、なるべく・・・・やめましょう。


気持ちを楽にして、その瞬間を楽しむ。
ピンボケ、手ブレ、怖がらずに☆
ぜひ今日、一枚、「心」を動かす写真を撮ってみてください。
そして明日も。

★ふうちゃんPhoto★
  愛は・・・・・

32号 編集後記をみる

関連エントリー

毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >   >  キャンドルを撮る