毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  スナップ >  街角スナップ・ノーファインダー

街角スナップ・ノーファインダー

──・─────────・──────・────────・─☆─・
【毎日が楽しくなるフォトライフのススメ】18号
・─☆─・──・───────・────────────・───・

 ●街角スナップ・ノーファインダーのススメ●

引き続き、街角スナップです。
普通、写真を撮る時はファインダー、もしくはコンパクトデジカメなら背面の
液晶画面を見ながら撮影します。

ファインダーとは撮影するために、構図やピントを合わせたりするときに
覗きこむ小窓のことです。
最近のコンパクトデジカメには付いていないことが多いです。
ですのでコンパクトデジカメでファインダーの無いカメラでは
背面の液晶画面で像を確認します。

被写体である像を確認しながら撮る。
随分と当たり前の事です。
しかし、その像を見ずして写真を撮ったらば・・・・

画面が歪む。
ピントが合いにくくなる。
そして、ブレる!

お〜い!!!
まずはピント、露出、構図。
前にこう書いてたじゃないか〜〜〜!!!!

そうです、そして、それは今でも大事な3要素です!
これだけは間違いない!

しかし、時として被写体がブレたりしたほうがその場の雰囲気、つまり、
臨場感、空気感などが表現されたりするんです。

↓ ↓ ↓ ↓
画像を見る




ファインダーで像を確認せずに撮ることを、ノーファインダーと言います。
ファインダーを覗きながら撮らない。
適当に撮る。といえば聞こえが悪いけれど、とにかく被写体をカメラで確認しながら
撮らない方法です。

型破り!?
そうかもしれません。
しかし、時にはこんな写真も、なんだか雰囲気よくありませんか?
あたしは、結構個人的に好きなんです(笑)
コツとしては(っていうほどの大それたコツではありませんが〜)

 ●絶対にストロボ発禁にする!
  ノーファインダーは居合抜きみたいなもの。
  通行人などに気付かれないようにするのがイイ。

 ●ファインダーもしくは液晶画面を覗かない
  ノーファインダーですからね(笑)

 ●片手でカメラを持つ
   一眼レフカメラでもです。重たくても我慢。

 ●縦位置で撮るなら、ファインダー側、液晶画面側を体側面に
  着けるようにしてカメラを持ち、さり気なくシャッターを切る。
  できればポーカーフェイスにて(笑)

 ●横位置でとるなら、おへその前くらいにこれまたさり気なくもって密かに撮る
    あくまでもさり気なく!(笑)
  
 ●望遠では撮らない、なるべく広角で
   ズームならW側で

 ●ISOはなるべく低く
   100とか、あれば80,50くらいでチャレンジ!

 ●ちょっとカメラレンズ面を上向き気味に
   結構地面ばかりになっちゃう(笑)

 ●何枚か試しに撮って、画像を確認しながら撮る
   歪みすぎて空しか写ってないことも(笑)


 ※街角スナップで気を付けること

 <肖像権について>
  街角でスナップ撮影すると、ほとんどが人物が画面に入ってきます。
  風景の一部として捉える考えでだいたいのアマチュアカメラマン、または
  プロカメラマンは捉えています。
  しかし、勝手に被写体である人物が特定できるような写真をweb上に公開するのは
  その被写体である人から肖像権侵害で訴えられる可能性があります。
  せいぜい個人として楽しむのみでとどめておきましょう。
  
街角スナップは気を付けながら撮って下さい。
人物が近くにいる場合は特に!

そして撮るならさり気なく、躊躇せずに、堂々と。
挙動不審?
一番イカンです!!


気持ちを楽にして、その瞬間を楽しむ。
ピンボケ、手ブレ、怖がらずに☆
ぜひ今日、一枚、「心」を動かす写真を撮ってみてください。
そして明日も。

☆ふうちゃん写真☆
 クンクン

18号 編集後記をみる

関連エントリー

毎日が楽しくなるフォトライフのススメ〜Web版Top >  スナップ >  街角スナップ・ノーファインダー